文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

  • 標準

MENU

出演者・講師プロフィール

Mentao【メンターオ】

アルゼンチンではタンゴ神様と言われるオスバルド・プグリエーセのスタイルを継承し、2011年にも来日した、コロールタンゴのマエストロでバンドネオン奏者のロベルト・アルバレスが「Mentao」と命名したタンゴバンド。

 


 

メンターオ

 

 

池田 達則 Tatsunori IKEDA

 16歳でバンドネオンを始め『オルケスタティピカ東京』の岡本昭氏にバンドネオンを師事する。洗足学園音楽大学に入学し大学在学中に初めてアルゼンチンへ渡り、フリオ・デ・カロ楽団やオスバルド・フレセド楽団に在籍していたマルコス・マドリガル氏に師事する。卒業後様々なミュージシャンと共演し続け2010年にコロールタンゴのロベルト・アルバレスに師事し、2012年コロールタンゴで演奏する。同年、飛鳥ワールドクルーズに乗船しタンゴショーを行う。アルゼンチンのジャズギターの最高峰オスカル・アレマンの孫娘で歌手のホルヘリーナ・アレマンとブエノスアイレスで共演。

 

専光 秀紀 Hideki SENKO

3歳からヴァイオリンを始める。クラシックを篠崎功子氏に師事。東京音楽大学卒業。大学在学中に小松亮太オルケスタティピカツアーに参加し、タンゴ奏者としての活動をスタート。アルゼンチンにてプグリエーセ楽団の元メンバーのガブリエル・リーバスをはじめアリエル・エスパンドリオ、パブロ・アグリ、各氏に師事。現在「Mentao」等、様々なタンゴバンドで活動中。

 

田中伸司 Shinji TANAKA

18歳でコントラバスに出会い中博昭氏に師事。1982年より室内楽などを中心に演奏活動を開始。1990年以降は数多くの音楽録音・CMTV・映画等の制作に参加。一方、1991年にアルゼンチン界の巨匠、志賀清(Vn)、藤沢嵐子(Vo)の演奏に感銘を受けタンゴに傾倒。1990年代度々渡亜し名手H.カバルコスの薫陶を受ける。志賀清、京谷弘司各氏のグループを経て、2009年より小松亮太の各ユニットに参加。日亜修好百周年ツアー、グラナダ国際タンゴFes、上海万博、香港国際タンゴ・Fes、ソウル・ジャズ・Fes等に出演。徳永二男、篠崎史紀、須川展也、国府弘子、大貫妙子、O.モンテス、J.コランジェロ、J.J.モサリーニらと共演。2009年トリオ・セレステ結成。2019年にはP.エスティガリビアのトリオで西日本ツアー。

 

松永裕平 Yuhei MATSUNAGA

国立音楽大学卒業。盛岡市の老舗「アンサンブル」で8年間ピアニスト、アレンジャーとして活躍し、アルゼンチンタンゴの研鑽を積む。ポピュラーピアノを小原孝氏、音楽理論全般を箱石啓人氏に師事。小松亮太氏らの「ハッピー・タンゴ・アワー」に参加、NHK歌謡コンサートでクミコ氏と共演。2017年より菅原洋一氏の伴奏も務める。古典タンゴを軸足に据え、多数のタンゴユニットに参加し、幅広い演奏活動を展開。古いタンゴをこよなく愛し、真摯に向き合う素晴らしい演奏技術とタンゴ魂は、往年のタンゴファンから絶大な人気を誇り、熱く期待されている。


出演イベント:3/1(火) Mentaoタンゴコンサート

 

徳田美奈子【とくだ みなこ】

講師徳田美奈子

 

会社員時代にフラワーアレンジメントを学び始める。その後、生花店に勤務。

 

NFD1級資格検定試験合格 

 

フラワー装飾技能士 国家試験1級合格

 

現在は、フラワーサークル インストラクターとして活動中。


担当イベント:3/29(火) ~アーティシャルフラワーで作る~ 春のリース

入船亭扇辰【いりふねてい せんたつ】

入船亭扇辰©北澤壮太

-プロフィール-

平成元年 九代目入船亭扇橋に入門 「扇たつ」

平成5年 二つ目に昇進 「扇辰」

平成14年 真打昇進


-受賞歴-

平成10年 にっかん飛切り落語会 努力賞

平成11年 にっかん飛切り落語会 努力賞

平成13年 にっかん飛切り落語会 奨励賞

平成18年 国立演芸場花形 演芸大賞 銀賞

平成20年 国立演芸場花形 演芸大賞 金賞


出演イベント:3/12(土) あじぷら亭

三遊亭兼好【さんゆうてい けんこう】

三遊亭兼好

-プロフィール-

平成10年 三遊亭好楽に入門 前座名「好作」

平成14年 二つ目昇進「好二郎」に改名

平成20年 真打昇進「兼好」に改名


-受賞歴-

・平成14年、15年 NHK新人演芸大賞出演

・平成16年、17年 にっかん飛切落語会 努力賞

・平成17年 にっかん飛切落語会 奨励賞

平成18年 林家彦六賞

・平成21年度 国立演芸場花形演芸大賞 銀賞

・平成22年度 国立演芸場花形演芸大賞 金賞

・平成23年度 国立演芸場花形演芸大賞 金賞

・平成25年度 彩の国落語大賞


出演イベント:3/12(土) あじぷら亭

鏡味味千代【かがみ みちよ】

鏡味味千代

-プロフィール-

平成19年   第5期国立太神楽養成所に入る

平成22年3月 同研修修了

        ボンボンブラザース・鏡味勇二郎に入門。芸名「味千代」

       (公社)落語芸術協会にて前座修業を開始

     5月 大演芸まつり(国立演芸場)において初舞台


出演イベント:3/12(土) あじぷら亭

小山憲斗【おやま のりと】

小山憲斗

19歳の頃より小山流総師範の小山貢憲氏に師事し三味線を始める。

横浜を拠点に県内外問わず、TVやラジオへの出演、地域のイベントなどで幅広く演奏活動を行いながら民謡教室「憲斗会」を発足し、後進の育成と、地元密着で元気を届けられるよう日々活動中。

高松宮殿下記念世界文化賞、NHK民謡フェスティバル、世界柔道選手権(つるの剛士氏と共演)、サントリーホール「響」コンサート、世界鉄道研究会議、大船観音アジアフェスティバル、曹洞宗大本山總持寺にて史上初の仏殿内での奉納演奏のほか、レディオ湘南、東戸塚FMなど多数出演。


【ゲスト】金子友紀

神奈川県出身。角田流民謡師範の祖母の影響により、1歳半から民謡を歌うようになり、3歳で初舞台を踏む。(財)日本民謡協会名人位・佐々木貞勝氏に師事。(財)日本民謡協会会員。数々の民謡全国大会にて優勝・入賞。世界的に活躍しているピアニスト板橋文夫氏をはじめとするジャズミュージシャンと共演を重ね、国内・海外公演にてジャンルの垣根を越え活躍中。女性四人組民謡ユニット"結"にて唄を担当。ゲーム「モンスターハンターライズ」の歌唱に参加。民謡を身近に感じてもらえるような活動を展開中。


【ゲスト】A.G-posket(エージーポスケット)

津軽三味線小山流師範・小山憲斗がプロデュースする民謡アイドルユニット。地元発信で世界に唄と踊りで元気をお届け中。


出演イベント:4/23(土) 「地元の名産」小山憲斗の恩音(おん)返し

 

柳澤 綾佳【やなぎさわ あやか】

講師柳澤綾佳


フリーランスデザイナーとしてイラストグッズやWEBのデザインを行う傍ら、生活の中のアートをテーマに作品制作を行う。

壊れた器を美しく繕う「金継ぎ」に魅了され、かぶれず手軽な新うるしを用いた金継ぎワークショップを横浜・東京を中心に各地で開催している。

 
担当イベント:6/25(土) プラザ・ラボ #1 はじめての金継ぎ教室

鈴木 絵里香【すずき えりか】

鈴木絵里香


昭和音楽大学卒業。在学中、同大学より特待生に選抜。学内選抜の管弦楽団、ウインドオーケストラメンバーとして国内演奏旅行・CD収録・演奏会に参加。現在、障がい者・児専門の音楽教室や高校の音楽科講師として活動すると共に、フリーの打楽器奏者としてソロ、アンサンブルなどを中心に、絵画や歴史的文化財とのコラボレーションなど幅広い演奏活動を展開している。

 
出演イベント:7/29(金) MUSIC COLLECTION SERIES #1

松尾 弥生【まつお やよい】

松尾弥生

小さな頃から映画を観て育ち、その数々の楽曲に憧れて音楽の道へ。

クラシック打楽器のみならず、アサラト、カホン、ドラムセットなど数多くのパーカッションを使いこなすマルチプレイヤー。オーケストラや吹奏楽、バンド演奏のほか、障がいを持つ方へのワークショップを行うなど、その活動は多岐にわたる。

 
出演イベント:7/29(金) MUSIC COLLECTION SERIES #1

平野 沙知【ひらの さち】

平野沙知

昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業および同大学院修了。昭和音楽大学同伶会より海外留学奨学生として渡仏しサンモール=デ=フォッセ地方音楽院へ入学。実技試験で審査員満場一致の最高点を獲得し国家ディプロムD.E.M(音楽研究資格)取得。現在はソロリサイタル・室内楽等で演奏活動をしながら後進の指導にもあたる。文化庁/日本演奏連盟主催新進演奏家育成プロジェクト・リサイタルシリーズTOKYO100出演。

 
出演イベント:7/29(金) MUSIC COLLECTION SERIES #1

PAGETOP